8/23夏休み環境講座「スマホで植物はかせ!顕微鏡はかせ!」を開催しました

投稿者:小金井市環境楽習館

夏休みの親子を対象にした環境講座「スマホで植物はかせ!顕微鏡はかせ!」を開催しました。

講師に東京学芸大学の小野寛将さん、中西史先生をお招きして、スマホやタブレット、顕微鏡を使って、身近な植物や生きものの調べ方を教えていただきました。

まずは、道ばたのお馴染み「猫じゃらし」・・。本当は何という名前かご存知ですか?

葉の形や付き方、花や実の形をタップして絞っていくと・・・ありました!「エノコログサ」って言うんですね。

次は、良く見かける草だけど、名前のわからないこの植物。

まずは、形や手触り、匂いも確かめて、オリジナルの名前をつけてみます。

そして、早速スマホやタブレットを使って、花の形、葉っぱの形を元に調べてみました。

正解は「ヘクソカズラ」・・。子どもたちの付けた名前の方が可愛くていい名前かもですね。

子どもたちはとても柔軟にスマホやタブレットを使いこなし、良く見かけるのに知らない植物の本当の名前と特徴を、どんどん調べて行きます。

植物調べの次は、顕微鏡を覗いてみます。

さて、これ何かわかりますか?

メダカの卵です。

卵の中で小さなメダカが動いていて、心臓や赤い脾臓も見えました。

いろんな個性で生き抜いている植物や、小さな命の輝きにふれて、参加者全員がちょっと感動の1日でした。