春の支度

カテゴリー: 楽習館の日々

寒さが厳しい日々が続いています。

一昨日12月22日は、一年で一番昼が短い日、冬至でした。

これからだんだん日が長くなっていくことでしょう。

そんな中、楽習館の周りでは、梅の木が早々と春に向けて支度をしているようです。

先日剪定した梅の木に蕾がついています。

ひとつずつよく見てみると、蕾が膨らんで白い花弁が見え隠れしているものもあります。

梅の見ごろは2月上旬から3月ですが、楽習館の梅は少々せっかちなようです。

 

「桜切る馬鹿、梅切らぬバカ」という言葉がありますが、梅の育て方のコツは「剪定」です。

この様子だと、今年も沢山の花をつけてくれそうです。

 

ところで「花見」というと、イメージするのは、桜の花でしょうか?実は、「花見」といえば桜となったのは、平安時代以降のことです。

「花見」の文化は、奈良時代の歌を詠む会が原型になったといわれています。

奈良時代で「花見」といえば、「梅の花を鑑賞しながら歌を詠むこと」を指しました。

遣唐使によって日本に持ち込まれた梅の花は、香りがよく珍重されていました。

万葉集には桜を読んだ歌が34首、梅を詠んだ歌が110首あり、当時の梅の人気さが伺えます。

奈良時代風に梅の花でお花見もいいですね。春が待ち遠しいです。

 

本日はクリスマスイブ。街はクリスマス一色です。そして、もういくつ寝るとお正月、新春です。

師走の終わりでイベントが続く時期、ゆく年を惜しみつつ、新年が待ち遠しくなる不思議な季節です。

人々は「新春」を迎える支度をしているというところでしょうか。

楽習館でも新年に向けて着々と大掃除が進んでいます。

普段手が届かない所を掃除していると、思わぬ発見があります。

予報によれば、まだまだ寒い日が続くようですが、良いお年をお迎えください。

 

MO

お正月飾り

カテゴリー: 楽習館の日々

今日はエコクラフトお正月飾り最終日でした。慣れないワラ細工に苦戦する方や、昔やっていたというご年輩の方々など様々な方がいらっしゃいました。

タイミングが合って、皆さんの作品を並べて写真を撮ることができました。思い思いに飾り付けを楽しんでいらっしゃいます。それぞれ個性があっていいですね。

HD

庭木の剪定と

カテゴリー: 楽習館の日々

日も短くなり、朝晩とても冷えるようになってきた今日この頃。楽習館では、12/15に庭木の剪定とソーラーパネルの掃除をしました。

汚れていたソーラーパネルも日光を反射するほどピカピカになりました。

屋根の上での作業ということで、見慣れたはずの場所でも普段とは違う景色が見られました。

小金井の町なかにたくさんの木々があることが確認でき、改めて自然の多い場所だと気付かれされました。

庭木の剪定された枝葉は、楽習館の堆肥場に積まれ、翌年のグリーンカーテンなどのための土として再度役目を与えられます。

植物から離れた枝葉が土をつくり、春に再度植物たちが枝葉を広げるための栄養となります。

葉が落ち切った植物たちが、また春に枝葉でその身を飾ってくれるのを楽しみに、私達も冬を迎える準備をしたいですね。

KY

植物の冬越し

カテゴリー: 楽習館の日々

師走に入り、寒さが一段と厳しくなってきました。

今朝の外の気温は3.8℃でした。

 

植物たちも冬に備えて葉の色を変えています。

こちらは楽習館前のコナラの木です。すっかり紅葉になっています。

こちら、楽習館西側の窓から見える景色です。

一口に「紅葉」といっても、赤い葉(紅葉)もあれば、黄色い葉(黄葉)も見えます。

紅葉や黄葉は落葉に向けた「準備」です。

植物は光合成によって、生長するための栄養分をまかないます。しかし、秋になると、夏に比べて日光が弱くなります。

そうなると、光合成で合成する栄養分から得られるエネルギーよりも葉を維持するために消費するエネルギーの方が多くなるため、植物は葉を落とします。

植物はただ葉を落とすことはしません。最後の最後まで葉からエネルギーを吸収します。

黄葉は、葉の葉緑体に含まれる緑色の色素(クロロフィル)が分解し、幹に吸収される一方で、分解されなかった黄色い色素(カロテノイド)が残されるために起こります。

紅葉は、緑色の色素を分解する一方で、植物がアントシアンという赤色の色素を合成することで起こります。

なぜ、アントシアンをつくるのかについてはまだ不明な点が多いです。

一説には、葉緑体から取り出した緑色の色素を分解するまでの間でつくられる有害物質から植物の細胞を守ると言われています。それによって、まだ分解されていない葉緑体では光合成ができます。

 

周囲の植物たちが葉の色を変える中、こちらは表面をクチクラで覆った肉厚な葉をもつ常緑樹、ツバキです。このように紅葉せずに冬越しする植物もいます。

蕾がみえます。開花は2月位でしょうか。開花が楽しみです。

 

植物の種類によって冬越しの仕方がちがうようです。

皆さまはどのような冬越しをされますか?

MO

12月になりました。

カテゴリー: 楽習館の日々

大そうじ、お正月の準備と大忙しですね。

今月、楽習館のエコクラフトではお正月飾りを作っています。

型は簡単な輪飾りです。30分もあれば、完成です。

今回も色々な方々が作っていかれました。中には毎年楽習館でお正月飾りを作っていかれる方もいますよ。

エコクラフトのお正月飾りは、あと2回。

13日(水)、20日(水)10:00~14:00までやります。

良かったら、お越しください。待っています。

YS