11/25,11/26 こがねい環境フォーラム2017『木のめぐみ 森だくさん』を 開催しました。

投稿者:小金井市環境楽習館

11/25(土)11/26(日)に、こがねい環境フォーラム2017@環境楽習館『木のめぐみ 森だくさん』が開催されました。

2日間にわたり、下記のプログラムが行われました。

○講座『森や木が育む食卓』
講師:西村和代さん(京都・おばんざい食堂「ひとつのおさら」経営)

毎日の食卓に取り入れられる知恵や子育てなど、ご経験を通したたくさんのお話に加え「森のうなぎ」についてのお話も伺えました。

参加者のみなさんと西村さんとで囲む『黄金井ランチ』の食卓でも、話題はまだまだひろがっていました。 

○黄金井ランチ
創作そば:スナフキッチン
キッチンでは小金井の湧き水を使った打ち立ての蕎麦が茹で上がり、お出汁の良い香りがひろがります。
 


一方、どんぐりトトロづくりのコーナーでは、大人も子どもも夢中になって創作中。
森のめぐみを利用して、みなさんそれぞれのかわいらしいトトロの森を表現されていました。
○どんぐりトトロづくり
協力:公益財団法人トトロのふるさと基金

○リレートーク『森だくさん』
講師である池竹則夫さん(葛原里山暮らし研究所)、宮村連理さん(学芸大附属中教員)、横山伸夫さん(トトロのふるさと基金)のほか、造園業に携わる井上さんからもお話を伺った後は、

講師の池竹さんが焼いてくださったどんぐりパンや、秩父の山々が育んだ『秩父カエデ糖』を使ったお菓子をいただきました。(イベント中のすべての割箸には、国産間伐材を使用した『樹恩割箸』を採用しました。)


○環境パフォーマンス
パフォーマー:腹話術師いずみさん

2日目にはパフォーマーのいずみさんが登場。

歌の上手なケンちゃん、ギタリストさんとともに、小金井の自然の魅力を伝えてくださいました。

○環境賞授与式
今年度の表彰者 山田啓一さん(法政大学教授)は、

小金井市の井戸及び地下水に関しての長年にわたる調査と啓蒙活動を継続され、また、市の地下水保全会議委員として市政に貢献されました。

西岡真一郎小金井市長から表彰状が授与されました。


○講座『我が家で森を育むには―組手什づかい』
森を守る活動と組手什(くでじゅう)について学び、実際に組手什の棚をみなさんと作成しました。


○木の食器づくり
講師:黛友梨さん(東京学芸大学大学院)

講師の指導の下、工具の扱いを学び、思い思いの豆皿とカトラリー作りに取り掛かります。

根気のいる彫りや やすりがけも、作品に向き合っていたらあっという間に感じたと参加者の方が話されていました。

こんなにすてきな自作の食器でいただくお菓子はきっと格別でしょう。

気持ちの良い秋の晴天の中、たくさんの方にお越しいただきました。

イベントでの発見や出会いがきっかけになって、環境について考える輪がひろがっていきますように。