みんなの問題・海のごみ

カテゴリー: 楽習館の日々

来週末の環境フォーラム(12/1〜12/2)に向けて、海のごみ問題に関するパネル展示を設置しました。
今回のフォーラムでは各会場で、いま話題のプラスチックごみに関する企画を準備しています。

宮地楽器ホールでは「トランクミュージアム(※)」による啓発展示に加えて、腹話術でのパフォーマンス(12/1のみ)。
東京学芸大学では「マイクロプラスチックってなに?」をテーマにした講演会(12/2)、など
会場間で連動したプログラムになっています。

会場を2つ以上回ると応募が可能なスタンプラリーも実施しますので、皆さんどうぞ足をお運びください。

環境フォーラムについてはこちらのページをご覧ください。

※「トランクミュージアム」についてはこちら:一般社団法人JEAN webサイト

◯楽習館での展示期間は12/2まで。

瓢箪のその後

カテゴリー: 楽習館の日々

10月25日に紹介した瓢箪作りのその後をお伝えします。

今週13日に水からし出して中に水を入れ、ひたすら種を出します。ひとつにつき10回以上シャカシャカしないと中の種は取れないようです。

種が取れたら後は、逆さにして天日干しにします。だいたい一日で乾きます。しかし、乾いてもまだ臭いは消えません。臭いが取れるのは、半年ぐらいかかります。きながに待ちましょう。皆さんチャレンジしてみて下さい。  YS

 

 

暖冬

カテゴリー: 楽習館の日々

こんにちは。

今日はとても暖かく、日向ぼっこが気持ちいい日ですね。楽習館の13時の温度は約23℃と、あわや夏日といった具合です。今日に限らず、ここ最近11月にしては比較的暖かい日が続いており、冬もこのまま暖かかったらいいのに、、、と思ってしまいますね。

そんな事を思っていた矢先、先日エルニーニョ現象発生の可能性を気象庁が発表しました。エルニーニョ発生時の冬は、北日本を除く地域で暖冬傾向になります。

しかし、手放しで喜んでばかりいられるわけではありません。

まず、大雪の可能性があります。2年前にもエルニーニョが発生しましたが、その時は都心で6cmの大雪が降りました。今年は河川や台風絡みの災害が多いですが、雪害についても考えておく必要があります。都心では雪によって身動きがとれなくなってしまうことも十分あり得ます。しっかりと準備しておきましょう。

さらには、動植物たちへの影響も懸念されます。特に野菜などは私たちの生活とも直結してくるかも知れません。

一見、暖冬は過ごしやすいかもしれないというプラスの面もありますが、巡り巡って実はいいことばかりではないと言うことがわかります。そんな事をゆるーく考えながら、暖かい11月の昼下がり、散歩してみてはいかがでしょうか。

YU

実りの秋

カテゴリー: 楽習館の日々

こんにちは。

この木にはある果物が実っています。何だと思いますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう少しズームしてみましょう。

分かりましたか?

正解は・・・“柿”です。

この柿は干し柿にするそうです。干し柿にすると渋抜されて甘みが感じやすくなります。また、味だけでなく、食感も全然違ってきますよね。

昔からの知恵で、食べにくいものも食べられるようにする。こういった伝統は、ぜひとも大切にしていきたいですね。

YU