ペレット

カテゴリー: 楽習館の日々

こんにちは。明日から12月ということもあり、だいぶ冷え込んできました。

最近来館された方がよく洗面台横にあるペレットに興味をもたれます。たしかに、これだけ山積みにされていると、目にも止まりますね。

このペレットは館内を温める仕組みのひとつ、ペレットストーブに使うためのものです。これから冬本番になるので、ペレットストーブも使うようになり、皆さんにも見てもらえることが多くなるかと思います。

ペレットが燃えている様子は小さな焚き火をみているようで、心が和みます。そちらの様子も来館された時にご覧ください。 YU

庭木の剪定

カテゴリー: 楽習館の日々

寒くなる前に楽習館の庭の木を職員みんなで剪定しました。

見た目の美しさだけではなく、養分を効率よく利用させて生長を促進したり、病害虫の繁殖を予防する効果があります。

何といっても、日当たりが良くなって、楽習館の白い壁に幹の影がくっきり映ります。

自転車置き場もスッキリしました。

梅の木、柿の木も同じく、来年はたくさん実が成るようほどほどに剪定しました。

この後は落ち葉は堆肥化し、枝木は十分に乾燥させてチップ化して再利用します。

SN

 

 

 

 

 

干し柿作り

カテゴリー: 楽習館の日々

環境楽習館にある柿の木は、渋柿の実がなります。柿の木が1本あると、いろいろな柿仕事を楽しむことができます。

梅雨明けには柿の葉を干して柿の葉茶を作りました。葉を塩漬けにすると、柿の葉寿司にも使えます。

次の楽しみは、なんといっても干し柿。

穏やかな秋晴れの日に、NPOこがねい子ども遊パークのみなさんが干し柿作りのボランティアに参加してくれました。

①柿の枝を、Tの字に残してカットします。

②柿をよく洗って皮をむきます。ピーラーを使えば小さいお子様も上手に皮むきができますよ。

※ピーラーや包丁は、ステンレスまたはセラミック製のものをお使いください。鉄製は柿のタンニンで黒ずんでしまいます。

③皮をむいた柿に焼酎をふりかけます。

④縄の目を広げてヘタを差し込みます。

お天気の良い日は外に干し、だいたい30日〜50日ほどで干し柿ができあがります。

渋柿は、干して渋抜きをすることで甘柿よりもずっと糖度が高くなるそうです。

甘柿は喜ばれますがおいしく食べられる時期はあっという間。

ひと手間かけて干し柿を作ることで、長い間、旬の味覚を楽しむことができますね。

NPOこがねい子ども遊パークのみなさん、ありがとうございました。

CK