剪定作業と土づくり

カテゴリー: 楽習館の日々

毎年年末恒例行事となっている剪定作業をおこないました。

とても天気がよくて、剪定日和でした。

剪定した枝はその場で葉を取り除いて、枝はウッドシュレッダーでチップ化しました。

今までは一定期間枝を乾燥させていましたが、生木でもチップ化出来るので今年から乾燥させずにやりました。

チップ化したものを直ぐにまいてみると、少し湿っている感じはあありますがそのうち乾燥していきます。

 

取り除いておいた葉はプランターに入れて来年に向けての土づくりに使います。

落ち葉やエコクラフトで作った藁なども加えプランターをてシートで覆いました。

表面の土が乾燥してきたら天地返しをしてよく混ぜます。

春先までこの作業を繰り返して、腐葉土を作ります。

 

来年のグリーンカーテンを想像して土づくりに励みます。

SC

『卵つと』って?

カテゴリー: 楽習館の日々

卵が貴重だった時代

お見舞いに贈るものといえば

栄養満点の卵でした

昔の人は持ち運ぶ際に

その大事な卵が割れないように

身近にある素材の「わら」で包みました

それが『卵つと』です

つと(苞)とは大切な食糧をわらで包んだものです

取っ手を持って歩いても落ちないようになっていて

見た目もとてもうつくしい

包む知恵と日々の生活の経験を生かした

日本の卵のパッケージです

今では卵といえば

既成のプラスチックのパッケージが多いですね

わらはさまざまに形を変えます

卵つとに使われた「わら」もまた

朽ちて土に還れば、それがまた良い土になり

燃やせば、風呂炊きに使われたりと

ひとつも無駄にならないパッケージでした

///////////////////////////////////////////////////////////

1月のエコクラフトでは

この『卵つと』をつくる予定です

どうぞお楽しみに!

※本当の卵は入れられないのでイミテーション卵になります

///////////////////////////////////////////////////////////

UK