梅の生命力

カテゴリー: 楽習館の日々

昨年末に、楽習館の木の剪定をしました。
その際に切った梅の枝。

枝ぶりが美しく、かわいらしいつぼみも見えていたので、
すぐにウッドチップにしてしまうのは心苦しく、何かに使えるだろうと
そのまま水路に挿していました。

すると、水に挿していただけなのですが、枯れたり腐ることもなく芽が出てきました。 
このまま花が咲けば良いなと見守っています。

CK

今日から大寒

カテゴリー: 楽習館の日々

本日1月20日から二十四節気の「大寒」に入りました。

すでに充分寒い日が続いているので、さらに寒くなるのかと耐え難いものがあります。

小寒から立春の前日・節分までの「寒」の時期は、「寒仕込み」と言われるように

日本酒や醤油、味噌などの発酵食品の仕込みに最適な時期とされています。

雑菌が少なく発酵に時間がかかるため、ゆっくりと熟成させることができるのだそうです。

発酵食品以外にも、寒ざらしそばや寒天、凍り豆腐、鮭の寒風干しなど、

この時期の冷たい寒風によっておいしく仕上がるものがたくさんあるそうです。

あらゆるおいしさのためにこの寒さがあるのだと思えば、なんとか耐えられる気がしてきました。

寒の時期の大切さがわかったので、今年は味噌作りに挑戦してみようと思います。

CK

小寒

カテゴリー: 楽習館の日々

新しい年が明けたと思ったら、あっという間に半月が過ぎてしまいました。

二十四節気では、1月5日から19日頃までを「小寒」といいます。

小寒は、1年で最も寒さが厳しい季節の始まり。

先週は雪が降り、楽習館の周りも真っ白な雪景色が広がっていました。

 

元日から1月7日までを「大正月」と呼ぶのに対し、1月15日、または14日から16日を「小正月」といいます。

15日の朝は、無病息災を願ってお餅入りの小豆粥を食べる風習があります。

小豆のような赤い食べ物は、邪気を払ってくれるのだとか。

また小正月には、各地で「とんど」や「どんど焼き」といった火祭りが行われます。

松飾りやしめ飾りをお焚き上げして、無病息災、五穀豊穣を願いつつお正月に迎えた年神様をお送りします。

秋田県のなまはげも、元々は小正月に行われていた行事だそうです。

来週、1月20日からは二十四節気は「大寒」に入り、寒さも一段と厳しくなってきます。

2月3日の節分が過ぎるとようやく「立春」。寒の明けが待ち遠しいです。

CK

餅花を飾る

カテゴリー: 楽習館の日々

1月15日の小正月に飾る餅花をご存知でしょうか?五穀豊穣を祝う縁起のいい飾り物です。

小正月は餅花を飾ることから「花正月」とも呼ばれます。

今年、楽習館ではミズキの枝に紅白の餅をつけました。

餅花を飾る正確な始まりはわかっていないようですが、江戸時代頃には盛んになったそうです。

雪が積もる寒い冬、花の少ない季節に生花の代わりとして色鮮やかにかざられた餅花を、小正月が終わった後、焼いて食べると1年間無病息災でいられるとも言われています。

地域によっては「どんど焼き」という正月飾りを燃やす小正月の行事の際に、一緒に焼いて枝からもぎとって食べたり、ひな祭りに餅を枝から取り「雛あられ」にして食べたりするそうです。

今日お餅を飾りつけましたが、もう揚げ餅にしていただく日が楽しみです!!

現在、新規のご予約を休止しておりますが、楽習館の入口に飾っておりますので、ちらっと覗いてみてください。

UK

施設の観測データ (9~12月)

カテゴリー: 観測データ

施設では、室内外の気温と湿度を3回(9時、13時、17時)計測しています。

2021年9月から12月までの1ヶ月ごとの平均値をお知らせします。

 

 

 

剪定作業と土づくり

カテゴリー: 楽習館の日々

毎年年末恒例行事となっている剪定作業をおこないました。

とても天気がよくて、剪定日和でした。

剪定した枝はその場で葉を取り除いて、枝はウッドシュレッダーでチップ化しました。

今までは一定期間枝を乾燥させていましたが、生木でもチップ化出来るので今年から乾燥させずにやりました。

チップ化したものを直ぐにまいてみると、少し湿っている感じはあありますがそのうち乾燥していきます。

 

取り除いておいた葉はプランターに入れて来年に向けての土づくりに使います。

落ち葉やエコクラフトで作った藁なども加えプランターをてシートで覆いました。

表面の土が乾燥してきたら天地返しをしてよく混ぜます。

春先までこの作業を繰り返して、腐葉土を作ります。

 

来年のグリーンカーテンを想像して土づくりに励みます。

SC

『卵つと』って?

カテゴリー: 楽習館の日々

卵が貴重だった時代

お見舞いに贈るものといえば

栄養満点の卵でした

昔の人は持ち運ぶ際に

その大事な卵が割れないように

身近にある素材の「わら」で包みました

それが『卵つと』です

つと(苞)とは大切な食糧をわらで包んだものです

取っ手を持って歩いても落ちないようになっていて

見た目もとてもうつくしい

包む知恵と日々の生活の経験を生かした

日本の卵のパッケージです

今では卵といえば

既成のプラスチックのパッケージが多いですね

わらはさまざまに形を変えます

卵つとに使われた「わら」もまた

朽ちて土に還れば、それがまた良い土になり

燃やせば、風呂炊きに使われたりと

ひとつも無駄にならないパッケージでした

///////////////////////////////////////////////////////////

1月のエコクラフトでは

この『卵つと』をつくる予定です

どうぞお楽しみに!

※本当の卵は入れられないのでイミテーション卵になります

///////////////////////////////////////////////////////////

UK

 

プラスチックごみを減らすアイデアを「おおきな木」に

カテゴリー: 楽習館の日々

「環境フォーラム2021 in こがねい」、たくさんの方にご来場、ご参加いただきありがとうございました。

小金井 宮地楽器ホール会場に展示した、JEANさんの写真パネル『みんなの問題・海のごみ』からは、海洋プラスチックごみによる動物たちの被害と海の現状を、小さい子どもたちにも知ってもらうことができたのではないかと思います。

「おおきな木~わたしたちになにができる?~」と題して、プラスチックごみを減らすアイデアを、ご来場いただいたみなさんに書いていただきました。

会場に設置していた「おおきな木」は楽習館に場所を移して、引き続きみなさんのアイデアを書き足していってくださいね。


CK

桜の染物

カテゴリー: 楽習館の日々

環境フォーラムではガーデンシュレッダーの実演をしました。

ガーデンシュレッダーとはその名の通り、木を切断粉砕してくれる機械です。

チップ化した木は、庭などに撒き泥はねや雑草が生えるのを抑制する使い方があります。

他にもチップ化した枝の使い方があります。

この布は桜の木で染めた布です。

桜の木の枝を小さく切って、何度か水を替えながらぐつぐつと煮て、濃い染液を作ります。

出来た染液に布を漬け込み、その後色止めの液につけて完成です。

枝を小さく切るのにガーデンシュレッダーは使えますね。

写真の作品は小金井市商工会女性部会の皆さんが染められたもので、

環境フォーラムのためにお貸しいただきました。

ありがとうございます。

木の枝からは想像できないくらいの淡いピンクや柔らかい茶色に染まります。

SC

きれいな紅葉になるには

カテゴリー: 楽習館の日々

秋になると緑色だった木々が黄色や赤色に衣替えしますね。

環境楽習館から見える滄浪泉園の木々も少しずつ紅葉が始まったようです。

赤色が鮮やかできれいな紅葉になるためには、天候が影響するそうです。

朝晩の冷え込みは葉っぱを落とすための準備となります。
日中の爽やかに晴れる秋晴れは赤い色素を作るためには大切で葉の色づきを後押しします。
それに加えて欠かせないのは、適度な湿度だそうです
たまには雨も降らないと、葉っぱはカラカラに枯れてしまいます。
水辺に近い場所の紅葉が美しいのは、最適な湿度が保たれているからというわけです。

お肌の乾燥が気になる季節、葉っぱも同じように感じているのかもしれないですね。

 

UK