ヤモリ

カテゴリー: 楽習館の日々

ヤモリを発見しました。

ヤモリを見ると縁起が良いと聞いた事があります。

しかも害虫などの小さな虫も食べてくれるので、家にとっても良い生き物ですね。

春先から秋の終わりにかけて活動するので、今年最後の活動だったかも?

じっくり観察すると、かわいらしさが出てきますね。

sc

ゴーヤ

10月にはいり、過ごしやすい季節になってきました。

5月にグリーンカーテンとして植えたゴーヤが、今年もたくさん実りました。今年の夏もかなり暑く、植物にとっても過酷だったと思われますが、立派に成長しました。

小ぶりのものが多かったですが、実をつけた植物を見るのは嬉しいものです。

時期的にも今年最後のゴーヤになりそうなので、じっくり観察したいです。

SC

バッグ

カテゴリー: 楽習館の日々

こんにちは。今日、10月5日は「レジ袋ゼロデー」だそうです。

買い物の時にレジ袋を使わないで、マイバッグ持参を呼びかけるために制定されたようです。

さて、バッグと言えば、環境楽習館にも、少し珍しいバッグがあります。これ↓は何でできているバッグでしょう?

見たまんまかもしれませんが、実は、「新聞紙」でできています。

何枚かで重ねて作れば意外と丈夫になり、お買い物には難しいかもしれませんが、ちょっとしたものなら耐えられるぐらいのバッグになります。

英字新聞で作るとカッコいいものも作れますし、お気に入りの記事や広告のページから作るのも面白いかもしれません。

楽習館には作り方の載っている紙もあるので、是非オリジナルの新聞紙バッグを作りに来てみてください。 YU

クルミの日

カテゴリー: 楽習館の日々

こんにちは。

9月最終日となりましたが、滄浪泉園からはまだセミの声が聞こえ、秋がやってくるまでもう少し時間がかかりそうです。

そんな今日、9月30日は「クルミの日」だそうです。「ク(9)ルミ(3)はまるい(0)」の語呂合わせから来ているみたいですが、時期的にもそろそろでしょうか。

クルミには、様々な種類の栄養素が含まれており、今ではスーパーフードとしても知られています。縄文時代の遺跡からも発掘されており、世界的にも古くから食べられていたようです。

昔の人達は自然の中からクルミなどを採集して、生きるための栄養を摂っていたんですね。現在では、「こういう栄養があるから~」と食べることが多いかもしれませんが、先人たちは感覚や経験から生きる知恵を得て、自然と共存していました。便利になった今の世の中ですが、先人たちの知恵から学ぶことがまだまだあるかもしれませんね。 YU

二番刈り

本年度も環境講座、エコクラフトなどで大活躍の「藍」。

7月末に一番刈りをしましたが、一月余りでモリモリ復活です!

藍は、花が咲き始めると青い色の成分であるインディゴが急激に失われるため、今日は二番刈りを行いました。

明日以降は台風接近で天気が崩れる予報なので、今日のうちに乾燥葉に仕上げます。

ところが、新聞紙に広げた藍の葉の間からオンブバッタが登場。

追い出すつもりはなかったんですが・・代わりの住処を見つけてほしいですね。

HR

 

 

休館中に・・

8/1〜8/31の間、環境楽習館は夏季休館期間。

ただし・・環境楽習館で育っているグリーンカーテンやその他の植物、水路の生きものたちに休みはありません。

管理人で手分けして水やりや水管理を行っていました。環境講座やエコクラフトでおなじみの「藍」もその一つ。7月末に一番刈りを行いました。(刈った藍の一部を使って7/31に村カフェvol.11で「生葉染め」講座を行いました。)

刈り取った藍の茎から葉だけを集め、休館期間中に藍の乾燥葉を作りました。大きめのバットやカゴ4箱に広げて半日陰で干すこと約1ヶ月。パリパリに乾燥しています。

十分に乾燥した藍の葉は保存がきき、いつでも染めることができます。

 

環境楽習館ではこれまで行った講座や啓発事業で取り上げた、藍、ひょうたん、ヘチマ、渋柿・・など、暮らしを豊かにしてくれるお役立ち植物たちの利用法(資料)をご覧いただけます。(コピー可)

やってみたい方は是非。以下の資料がございますので、管理人にお声がけ下さい。

◆藍 1.すくも藍の建て方 2.生葉染め 3.乾燥葉染め

◆ひょうたんの種の抜き方

◆ヘチマたわしの作り方

◆柿渋の作り方(準備中)

◆干し柿の作り方(準備中)

◆青梅シロップの作り方(準備中)

ゴーヤの花 雌花

カテゴリー: 楽習館の日々

7月10日に投稿したゴーヤの花の話の続きですが、ついに雌花も咲きました

雌花には花の下に小さなゴーヤの実がついています。

雌花の雌しべに雄花の花粉が付くと受粉して、雌花の下に付いている小さなゴーヤが膨らみゴーヤの実になります。

雌花はゴーヤの花全体の1割~2割しか咲きません。

貴重な雌花は受粉が成立して、大きな実をつけて欲しいです。

SC

 

海の日

カテゴリー: 楽習館の日々

今日は「海の日」ですが、気温も低く空模様もあまりよくないですね。

「海の日」は、明治天皇が東北巡幸から汽船で帰ってきた日の記念として制定された祝日です。特に日本は海洋国ですので、「海」とは切っても切り離せない関係ですね。

 

そんな「海」と言えば、最近ニュース等でも取り上げられる機会が多くなってきた「マイクロプラスチック」の問題があります。

環境楽習館でも、昨年の環境フォーラムでマイクロプラスチックに関する講座を開催しました。講座の中では、プラスチックを使う代わりにどんなものを使おうか、といった話し合いもありました。

その話し合いでも出てきたり、よく話題にもなったりするものに、「プラスチックストロー」があります。和紙を始めとした紙製のものであったり、竹製のもの、またチタンで洗って使えるもの等、代替製品を多く見るようになってきましたが、まだ改良の余地がある製品もあったり、普及が遅れていたりするようです。

しかし、こうした動きが生まれていること自体が、これからの「海」のことを考える一歩になるのではないでしょうか。

今年は、例年と違って「海の日」らしくない「海の日」ですが、頭の中だけでも関心を「海」へ向けるのも良いですね。 YU

施設の観測データ(2019年4月~6月)

カテゴリー: 観測データ

施設では、室内外の気温と湿度を3回(9時、13時、17時)計測しています。

2019年4月から6月の1ヶ月ごとの平均値をお知らせします。

ゴーヤの花

カテゴリー: 楽習館の日々

7月に入り、梅雨らしい気候が続き気温も低く、ハッキリしない天気で日光をほとんど感じていませんが、

植物はスクスクと成長しています。

 

グリーンカーテンとして植えたゴーヤに花が咲きました。

ゴーヤの花には雄花と雌花があります。

雄花は雄しべに花粉を作り、雌花は雌しべで雄花の花粉を受け取って受粉して実をつけます。

今、咲いている花は雄花ばかりですが、ゴーヤがもっと成長したら、雌花も咲いてくるでしょう。

植物は日々成長するので、観察するのは楽しいですね。

SC