稔りの秋です。

カテゴリー: 楽習館の日々

グリーンカーテンにぶら下っていたひょうたん、ゴーヤもそろそろ終わり。代わりに水路に稲穂が黄色く色づきました。

もうすぐ収穫時期です。

(多分、すずめの一食分くらいかな)

YS

記録的猛暑

カテゴリー: 楽習館の日々

7月も半ばを過ぎました。連日の猛暑により熱中症などに気をつけなければいけない日が続き、8月も厳しい夏が予感される今日この頃ですね。

暑さ対策のためにも、楽習館で取り組んでいるグリーンカーテンですが、

最近では、ゴーヤがたくさん実ってきています。

陽の出てる日が多いおかげか、グリーンカーテンは楽習館南側の一面を覆い尽くすほどにまで成長しました。

ここまで育っていると暑さを和らげるという恩恵も大きいのでしょうが、それでも今年の猛暑の勢いはすさまじいものがあります。

今年の暑さは、これまでに経験してきた夏の中でも特に厳しいものであると観測されています。なので、今まで行っていた暑さ対策に加えてもうひとつふたつの工夫をするのがよいかもしれません。

簡単に実践できる暑さ対策でも、そのひとつがもしかしたら身を助けてくれるものになるかもしれません。今年の夏は特に気をつかって酷暑を乗り切るようにしたいですね。

KY

炎天下の水路に

カテゴリー: 楽習館の日々

7月も半分まで来ました。最近は30℃を超える日が多く、夏も本番といったかんじですね。

そんな厳しい暑さの中、楽習館の水路にはこんな場面が、、、

シオカラトンボが産卵に来ていました。シオカラトンボというと水色が印象的ですが、メスは黄色くムギワラトンボなんて呼ばれることもあります。この水路では、毎年シオカラトンボのヤゴが見つかります。もしかしたらこのトンボも成長して帰ってきた個体なのかもしれませんね。

水耕の盛んな日本では、トンボはとても馴染みの深い生き物で童謡にも多く登場し、夏~秋の風物詩としても有名です。そんなトンボですが、最近では農薬などの影響で特にアキアカネ(赤トンボ)が減少しているとのことです。

夏の日差しとシオカラトンボ、秋の夕焼けにアキアカネといった昔ながらの風景をこれからもずっと変わらないものにしていくためにも、今見られる景色の中にある自然を大切にしていきたいですね。

KY

風と自然公園施設の関係

カテゴリー: 楽習館の日々

台風・温帯低気圧の影響もあり、ずっと風が強い日が続いています。

当館は自然風を利用するというコンセプトを持つ為、施設内に風が通り抜ける様子を体感しています。たまに、物が飛ぶ程の風も吹きこみます…。

さて、当館や隣接する自然園は植樹もされていることから、あまりの強風(台風含め)は植生へダメージを与えることもあります。

景観を損なう危険性がある一方で、”風がどの程度吹いたのか?”の目安としてこうした現象は利用できると考える研究があります。特に、自然を保全するた為に、あまり手を加えることが出来ないような場所では、簡便な風向風速計の情報と併せたより詳細な情報を得ることに役立つものでしょう。

「自然教育園における強風影響区域調査は、風害木発生予測を含めた生態系への影響やその対策を検討する上で極めて重要である。(引用元:菅原,1998,自然教育園の微気象(7)風害木による北寄りの強風影響区域の推定,自然教育園報告29)」。

風の程度や園内の地形等の位置関係によって、軽微なものから幹折れ、根折れ木の程度、分布様態、損傷方向といった情報を得ることができると示唆されています。ただ、ここまで本格的な調査は根気を要する作業でもあるようです。

これから台風も来ると思われますが、そうした観点で施設内の自然を観察すると、自然との上手い付き合い方が見えてくるかもしれません。

KI

カテゴリー: 楽習館の日々

こんにちは。

昨日関東では梅雨明けが発表され、これから夏本番になっていきますね。

 

暑くなってくると、藻も大量発生します。下の写真の水面に緑色のモワモワしたものが藻です。藻には、魚などの生物に悪影響を与えるものもある為、取り除かなくてはなりません。環境楽習館では、取り除いたものを一旦乾かして堆肥にするようにしています。

そんな藻ですが、かつてアメリカで、人にも悪影響を及ぼす恐ろしい種類の藻がありました。

その藻は“フィエステリア”と呼ばれ、魚を大量死させたり、人間の神経を攻撃したりするような毒素を持っています。その毒素が空気に放たれると、人間のもとまで届き、皮膚や目の痛み、時には頭痛や短期的な記憶障害までもたらすそうです。

私たちの周りには“フィエステリア”ほど恐ろしい藻はないですが、きちんと取り除いて生き物たちが棲みやすい環境をつくっていきたいですね。

YU

グリーンカーテンの成長

カテゴリー: 楽習館の日々

雨が続いていますが、植物にとっては生長のチャンスでもあります。

当館で取り組んでいるグリーンカーテンも外からでも見えるくらいに生長してきました。

グリーンカーテンの気温・湿度に関する効果は以前ご紹介しましたが、こうした緑の視覚的な広がりにも意味があります。

持続的な・永続的に快適な環境を造ることへの関心は社会的な話題になることがあります。こうした点を人が実感することに視覚は大きく関わります。

「視覚にて、緑が閉める割合が25%以下では人々はほぼ”緑が少ない”と感じ、50%近づくにつれて緑が多いという感覚を持つようになる。(引用元:青木,1987,視野の広がりと緑量感の関連,造園雑誌51(1))」

緑が豊かだと感じてもらえるためには、視覚に占める緑の量も科学的に検証されているようです。

グリーンカーテンが十分に育てば50%に届くと思われますので、それを目指して育てていきます。

KI

ヒョウタンの花

カテゴリー: 楽習館の日々

6月も今日でちょうど半分まで来ました。

今年の5月は暑い日が続いていましたが、最近は反対に気温がガクンと下がり寒いと感じる日が続いています。雨天も増え、外出すると濡れてしまうことが多く、より体調の管理には気をつけたいですね。

そんな雨続きの中で梅雨入りを実感する日々ですが、楽習館のグリーンカーテンでは、

ヒョウタンが続々花をつけてきています。

「ヒョウタン」と名前を聞いた時に実の形はすぐに想像できますが、花の色や形までわかる人はあまりいないかと思います。果実はわかるけど花はわからない…そんな植物って意外と多いのではないでしょうか。特に野菜なんかは食卓に並ぶ部分意外はなかなか目にすることが無いかもしれません。

ナス、トマト、キュウリ、ピーマン、カボチャ、、、、これから旬を迎える夏野菜たちですが、この時期から開花を始めるものも多いです。食べる部分しか思い出せない野菜でも、調べてみたら案外綺麗な花や可愛い花をつけているかもしれませんね。

KY

梅雨入り

カテゴリー: 楽習館の日々

関東もついに梅雨に入り、今日の小金井市は雨模様です。

「梅雨」は字の通り、梅の実が熟す時期でもあります。楽習館の梅の木にも黄色く熟した実が成っていました。

梅以外にも、紫陽花が各所で咲き、桔梗や薔薇などの花も見頃を迎えます。他にもアマガエルやカタツムリなど、なにかと風物詩の多い時期でもあります。

降り続く雨のせいで外に出るのも憂鬱になりがちな時期ですが、外には梅雨ならではの風景が見え始めてきました。そういった景色を見つけて楽しめると、雨ばかりの6月も少し好きになれるかもしれませんね。

KY

楽習館の水路について

カテゴリー: 楽習館の日々

今日は比較的涼しく、体感としては過ごしやすいのではないでしょうか。

連日暑い日が続き、楽習館にある水路の水が少なくなることもしばしばでした。

この楽習館の水路へ供給する水は、館内キッチンで使用した水を引いていたりします。生活と環境を結びつける一つのあり方でもあり、生活で使った水を「環境に戻すことはできるか?」を考える一つのきっかけになります。

 

今月28日にEUにて使い捨てプラスティックゴミを規制する発表がありました。生活から出る様々なものが海や川を汚染していることは見過ごせない問題だと認識されていることが伺えます。

「海洋のゴミの約60%をプラスチックが占める。海洋生物や海鳥の体内からポリエチレン製の袋や釣り糸が検出されるようになった」等の環境問題への言及は社会的課題としての指摘され続けています。(引用元:水野ら、1996、射出成形した生分解性プラスチックの土壌・水中での分解性、高分子論文集vol.53(9))

当館を覗いてみる際、そしてキッチンに立たれる際は、そうした観点から考えていただけると嬉しいです。

 

KI

 

グリーンカーテンの苗配布

カテゴリー: 楽習館の日々

明日から、環境楽習館にてグリーンカーテンの苗を配布いたします。種類は、ヒョウタン2種、ヘチマ、ゴーヤになります。

暑い季節を涼しく、窓からの景色に緑の賑わいを。よろしければぜひお越しください。

そして、同じく明日、いよいよクリーン野川作戦が開かれます。

小金井市を代表する自然である野川ですが、こういったイベントを機に改めて野川をよく知り、これからも末永く愛され、受け継がれるような場となるようにしていきたいですね。

KY