グリーンカーテンの成長

カテゴリー: 楽習館の日々

雨が続いていますが、植物にとっては生長のチャンスでもあります。

当館で取り組んでいるグリーンカーテンも外からでも見えるくらいに生長してきました。

グリーンカーテンの気温・湿度に関する効果は以前ご紹介しましたが、こうした緑の視覚的な広がりにも意味があります。

持続的な・永続的に快適な環境を造ることへの関心は社会的な話題になることがあります。こうした点を人が実感することに視覚は大きく関わります。

「視覚にて、緑が閉める割合が25%以下では人々はほぼ”緑が少ない”と感じ、50%近づくにつれて緑が多いという感覚を持つようになる。(引用元:青木,1987,視野の広がりと緑量感の関連,造園雑誌51(1))」

緑が豊かだと感じてもらえるためには、視覚に占める緑の量も科学的に検証されているようです。

グリーンカーテンが十分に育てば50%に届くと思われますので、それを目指して育てていきます。

KI