炎天下の水路に

カテゴリー: 楽習館の日々

7月も半分まで来ました。最近は30℃を超える日が多く、夏も本番といったかんじですね。

そんな厳しい暑さの中、楽習館の水路にはこんな場面が、、、

シオカラトンボが産卵に来ていました。シオカラトンボというと水色が印象的ですが、メスは黄色くムギワラトンボなんて呼ばれることもあります。この水路では、毎年シオカラトンボのヤゴが見つかります。もしかしたらこのトンボも成長して帰ってきた個体なのかもしれませんね。

水耕の盛んな日本では、トンボはとても馴染みの深い生き物で童謡にも多く登場し、夏~秋の風物詩としても有名です。そんなトンボですが、最近では農薬などの影響で特にアキアカネ(赤トンボ)が減少しているとのことです。

夏の日差しとシオカラトンボ、秋の夕焼けにアキアカネといった昔ながらの風景をこれからもずっと変わらないものにしていくためにも、今見られる景色の中にある自然を大切にしていきたいですね。

KY