立冬→小雪→大雪→冬至→小寒→

カテゴリー: 楽習館の日々

1月20日、今日から大寒に入ります。早朝や夜の寒さが身に染みて、温かいものが手放せない時期ですね。

大寒とは、昔から使われていた季節を二十四に分ける二十四節気の冬の最後の節気です。

寒さも厳しく、最低気温が氷点下を下回る日も珍しくない時期となります。その一方で自然界では、梅の樹が小さな蕾をつけるなど次の節気である立春に向けての準備が細かなところで始まっているようです。

写真は楽習館の梅です。

2019年の大寒は1月20日から2月3日までになります。寒い日が続いて、風邪なども流行っていますが、体調管理には気をつけて過ごしていきたいですね。

KY