梅雨

カテゴリー: 楽習館の日々

先週の金曜日に梅雨入りが発表され、梅雨らしい雨模様が続いています。

梅雨というのは、まさに梅の実る頃にやってくる恵みの雨の時期です。「梅雨」と呼ばれるようになった由来は、諸説あるようですが、今回は2つほど紹介したいと思います。

①梅の実が「つはる」(熟して落っこちるの意)時期だから

②梅の実が熟し、「潰ゆ(つゆ)」(潰れるの意)時期だから

他にもあるそうですが、今回紹介した2つの説はいずれも梅の実が関係しています。

 

環境楽習館にも梅の木があり、春先に綺麗な花を咲かせていました。現在、その実から「梅シロップ」を作っている所です。楽習館にお越しの際は、ぜひ出来上がり具合を見てみてください。 YU