柿の木

カテゴリー: 楽習館の日々

 

楽習館には柿の木があります。

冬に剪定し枝を切り揃え一回り小さくなった様に感じられた木も、春を過ぎ夏に向かって枝も伸びたくさんの葉がついて大きくなっています。

そんな中に可愛らしい小さな柿ができていました。

これから夏の日差しを浴びて大きくなり、綺麗な色になっていきます。

 

柿は食べるだけではなく柿渋としても使われています。

柿渋は布を染める染料や、木材に塗ると防腐、防虫、消臭、抗菌などの効果があるとされ、古くから日本人の暮らしにとりいれられてきました。

柿はフルーツ界隈では地味目の果物ですが万能です。

 

 

SC