ドクダミは食べられる!?

カテゴリー: 楽習館の日々

先日もドクダミについて触れましたが、なんとドクダミ、ドクダミ茶やドクダミチンキに活用する
だけでなく、タイやベトナム、中国などアジアの各地では、日常的に食べられているそうです。
アジアで栽培されているドクダミは、日本の自生しているドクダミに比べて葉は薄く、
香りも弱いらしいので食べやすいのかもしれませんね。

葉は細かく刻んで薬味のように使います。
生春巻きや、スープの仕上げに散らしたり、肉や魚と一緒に巻いて食べられます。

根っこは細いごぼうのようなので、甘辛く調理してきんぴらにしたり、
細かく刻んで炊き込みご飯の具材にもなるそうです。

香りもクセも強いので、味付けは濃い目にしたり辛味をきかせたりして、ナンプラーやニンニク、
ねぎ、しょうが、パクチー、梅干しなど、クセの強い食材とあわせるとばっちり合うそうです。

食べるにはちょっと勇気が…という方は、ドクダミ茶から始めてみてはいかがでしょう。

 【ドクダミ茶の作り方】

   ①ドクダミの茎を切る。または根っこから抜き取ってしっかり水洗いする。

   ②水を切ったら、20本くらいを紐や輪ゴムなどで束ね、ドライフラワーのようにさかさまに
    吊るしてカラカラになるまで干す。

   ③パリパリと手で砕けるくらいまで乾燥させたら、ハサミで細かくカットする。
   (さらにフライパンで乾煎りするといっそう風味が豊かになります。)

   ④空き缶や茶筒などの容器に入れて保存する。

ドクダミは利尿作用、デトックス効果が高いので、おなかが緩くなってしまう場合もあるので、
適量でお楽しみください。

日本でもパクチーが絶大な支持を得るようになりましたが、いつかドクダミブームが来るかもしれませんね。


CK