烏梅 うばい

カテゴリー: 楽習館の日々

楽習館には梅の木があります。

梅の実は一般的には梅酒、梅干し、梅シロップなど飲んだり食べたりする楽しみがありますが、今年は楽習館にある梅(白加賀)を使って烏梅(うばい)を作ってみることにしました。

烏梅は紅花染めで紅を鮮やかに染める際の助剤として、古く奈良時代には使われていたようです。

その烏梅づくりを再現してみました。

まずは、楽習館の完熟になった梅を採取しました。とてもいい香り。

藁灰にまぶしてモミ殻で24時間燻蒸させます。(燻蒸には火を使うので、農家の畑をお借りして作業しました)

燻蒸の様子です。

さらに7日間天日で乾燥させます。(ここからは環境楽習館で作業しています)

紅花染め、いつか実際に試してみたいですね。

烏梅の出来上がりをぜひ見にいらしてください。

SC