青い花咲く夏の植物

カテゴリー: 楽習館の日々

今日は露草(つゆくさ)のご紹介です。
少し調べただけでもたくさん別名があります。

蛍草(ほたるぐさ)
藍花(あいばな)
青花(あおばな)
移草(うつしぐさ)
月草(つきくさ)※
鴨頭草(つきくさ)※
帽子花(ぼうしばな)

日本でも古来から自生している植物で、万葉集の和歌では月草や鴨頭草として登場し、朝露に濡れながら咲き、昼には萎んでしまう様子から、儚く移ろう恋や移ろわない強い気持ちの歌で使われています。

今朝、楽習館では花弁が露草より2~3倍大きな種の『オオボウシバナ』が咲きました。

 
オオボウシバナは江戸時代中期より栽培されていて、青花紙作りにこの花弁を用いるためアオバナとも呼ばれます。青花紙は友禅染や絞染めの下絵を描くときに使われるもので、この青いコンメリニンという色素は、水で希釈していくと色を失っていく性質で、染色の過程できれいに消えていくそうです。

楽習館では、オオボウシバナが咲いた日にはお花を摘んで、小さな小さな青花紙作りに挑戦します。

UK