間伐材の端材でネームプレートをつくりました

カテゴリー: 楽習館の日々

突然ですが、楽習館の木クイズです!

Q1:この木はなんでしょう?

ちょっと難しいでしょうか?
今の時期だんだんと紅くなるこの小さな実がヒントです。

 

Q2:この木はなんでしょう?

これからが旬のオレンジ色の実。
そのままでも甘いもの、そのままでは渋~いものがあります。
これはみなさんご存知かもしれないですね。

 

それでは答え合わせです。

Q1:正解は・・・

 

Q2:正解は・・・

 

いかがでしたか?

楽習館では木に親しんでいただくきっかけになればと木にネームプレートをつけました。

ネームプレートの本体には間伐材の端材を使用しています。
プレートには立札パターンと掛札パターンがあり、その足部分や掛け手部分には地域の竹を使用しています。竹を細く割いたり曲げたり、いろいろ加工をして作りました。

 

そしてもう一つ。

 

以前少しだけご紹介した月桃が植えてあるプランターも間伐材を使用し、防腐・防虫・防水対策として柿渋を塗ったものです。そのご紹介の説明プレートももちろん間伐材の端材で作り、プランターに付けました。

森林保全のための間伐。その間伐材の有効活用はさまざまです。

楽習館にお立ち寄りいただいた際には、目に留めていただけたら嬉しいです。
今回ご紹介した木以外の木にもネームプレートがついています。
ぜひ探してみてください。

UK