3/28子ども向け環境講座「これでキミも植物はかせ!」開催しました

投稿者:小金井市環境楽習館

3月28日(水)に小学校3年生〜6年生を対象にした子ども向け環境講座「これでキミも植物はかせ!〜タブレット図鑑を使ってみよう〜」を開催しました。講師に千葉県立中央博物館の斎木健一さんをお迎えし、タブレットからアクセスできる図鑑を用いて身近な植物について学びました。

はじめに、図鑑マニアでもある斎木さんから挨拶があり、参加者分のiPadが分けられ、まずは室内でタブレット図鑑の使い方を試してみました。

使い方がわかったら、実際に外に出てみて、野草の観察です。

道路脇の街路樹の下に生えている植物も観察しました。

 

次は野川での観察です。

 

野川にはいろいろな植物が生えていました。この辺りに来ると、だんだんと図鑑検索も慣れてきて、花の形や葉っぱの色、その他いろいろな条件などから、目の前の植物の名前を調べていきます。

野川から続く細い水路での観察の様子です。

最後に、楽習館の横の広場で、今日見つけた植物を、今度は図鑑を使わないで復習しました。

 

この講座で使ったのは「野草雑草検索図鑑」で、どなたでもアクセスできます。

(スマートフォン用)http://chiba-muse.jp/wf2014/keishitsuKensaku_v16.html

(PC用)http://chiba-muse.jp/yasou2010/index.html

皆さんもぜひこの図鑑を活用し、身近な植物を観察してみてください。

3/21親子向け食育講座「野菜の美味しさ発見隊!」開催しました

投稿者:小金井市環境楽習館

3月21日(水・祝)に小学校低学年の親子向け食育講座「野菜のおいしさ発見隊!」を、講師にNPO保育力研究所の酒井玲奈(さかいれいな)さんらをお迎えし、開催しました。

近隣の小学校一年生から三年生までの児童とその保護者の方々、合わせて13名の皆さんにお越しいただきました。雪が降り、寒い中お越しいただきありがとうございました。

 

前半は、生の野菜がどのような香りや味なのかを体験しました。

小金井市や東京学芸大学の中の農園で採れた地元の野菜を見て・触れて・舌で感じることによって野菜がどのようなものか改めて再認識しました。よく馴染みのあるにんじんや小松菜、春菊のほかに、ルッコラやのらぼう菜など普段あまり口にしない野菜も登場しましたが、「にがいよ」「あんまり好きじゃないよ」という子が多く見られました。

野菜のお勉強をした後は、自分たちでにんじんチップスに色々なスパイスをかけて味の変化を学びました。にんじんが苦手だった子も、これなら食べられると笑顔。お家でも作りたいとお母さんにお願いする子もいて、私たちも子どもたちの変化にびっくりしました!

 

最後に、先ほど生で食べた野菜たちをカレーにして再び食べてみました。苦手だった野菜もぺろりと食べてしまうほどの美味しさ!

今回の講座が、子どもたちの普段嫌いだと感じている野菜たちを、嫌いから好きになれる足がかりのようなものになってくれれば幸いです!

 

なお、この講座は東京学芸大学環境教育研究センターとの連携により開催され、センターが主催する「環境教育リーダー養成講座」の受講生と協働して企画立案や運営などを行いました。(本報告も担当の大学生によるものです。)また、J:comテレビの取材を受け、講座の様子が翌22日夕方のニュース番組にて放映されました。

3月のエコクラフト

投稿者:小金井市環境楽習館

リサイクルや伝統文化をテーマにしたクラフトをお楽しみいただけます。

3月の水曜クラフトコーナーは古布で作る「裂き織りのコースター」です。

※ご注意:今月はイベントの関係で毎週水曜開催ではありません。

◇日時:3月7日(水)・3月14日(水) それぞれ午前10時〜午後2時(12時〜1時は除く)の間にお越しください。 ※注意:荒天時は中止する場合があります。
◇内容
古布で作る「裂き織りのコースター」
◇参加費:300円   (材料費等)
◇持ち物:古布 ※会場にもご用意してあります

◇その他:時間内にお越しください。4名以上のグループは事前にお申し込みください。
◇問合せ:小金井市環境楽習館(☎042-381-5006)

3/28子ども環境講座「これでキミも植物はかせ!〜タブレット図鑑を使ってみよう〜」開催

投稿者:小金井市環境楽習館

子ども向け環境講座「これでキミも植物はかせ!〜タブレット図鑑を使ってみよう〜」

環境楽習館や周辺(野川など)で植物観察を行います。

日時:2018/3/28(水)午前の部:10:00〜12:00 午後の部:14:00〜16:00
会場:小金井市環境楽習館(小金井市貫井南町3-2-16 電話:042-381-5006)
講師:斎木健一さん(千葉県立中央博物館主席研究員)
募集:各回15人(申込順)
対象:小学3年生〜6年生
参加費:無料
申込み:3/15(木)より環境政策課(電話:042-387-9817または直接)で受付

講師の斎木さんは、これまでに1000冊以上の図鑑を買った図鑑大好き人間です。「マツコの知らない世界」(TBS)などにも出演し、図鑑の魅力を広めています。

講師と一緒にWeb図鑑「野草雑草検索図鑑」を開発している、林延哉さん(茨城大学教育学部情報文化課程)と、中西史さん(東京学芸大学理科教育学分野)も活動をサポートします。図鑑は大人も楽しめる精度の高いものです。保護者の方も一緒にお楽しみください。なお、参加者のみなさんの活動の様子を、図鑑の機能向上や学校教育への応用のためにモニターさせていただきます。ご協力お願いいたします。

※天候や植物の状況により、室内のみの体験になるなど、プログラムが変更になる可能性があります。

主催:小金井市
運営:NPOこがねい環境ネットワーク

3/21親子向け食育講座「野菜の美味しさ発見隊!」開催

投稿者:小金井市環境楽習館

親子向け食育講座「野菜の美味しさ発見隊!」〜野菜の魅力を探してみよう〜

学芸大学の農園でとれた野菜をつかって、いろいろなゲームや調理方法を実践。野菜のおいしさや魅力に迫ります!野菜とじっくり向き合う時間を一緒に作ってみませんか?

日時:2018/3/21(水・祝)10:00〜12:00
会場:小金井市環境楽習館(小金井市貫井南町3-2-16 電話:042-381-5006)
講師:酒井玲奈さん(NPO保育力研究所 共同代表)
募集:8組(申込順) ※定員に達しました。
対象:小学1年生〜3年生と保護者
参加費:無料
申込み:3/1(木)より環境政策課(電話:042-387-9817または直接)で受付

主催:小金井市
協力:東京学芸大学環境教育研究センター 環境教育リーダー養成講座

村カフェvol.9「阿波食と小金井野菜で春をさきどり試食会」(利用団体)

投稿者:小金井市環境楽習館

村カフェvol.9「阿波食と小金井野菜で春をさきどり試食会」

昨年9月より武蔵小金井駅北口に東京と徳島の交流拠点「otete(おてて)」にて阿波の食材など紹介していますが、今回は小金井市内在住の『農』の機能発揮支援アドバイザー・野菜料理コーディネーターの酒井文子さんに阿波食材と小金井野菜を使って頂き、春をさきどり試食会を開催します。(要・予約)
お誘い合わせの上、ご参加くださいませ。

●日時 2月21日(水) 11:00〜13:00
●場所 小金井市環境楽習館
東京都小金井市貫井南町3-2-16
(武蔵小金井駅から徒歩15分)
●会費 800円(食事のできるお子さん参加 / 400円)

ーーMENUーー
・徳島風・ちらし寿司
・春のそば米汁
・甘酒デザート
・阿波晩茶

●申し込み・お問い合わせ
てのひらストア(井寺)
tenohirastore@gmail.com
09049482095

●酒井文子氏
『農』の機能発揮支援アドバイザー
食育・野菜料理コーディネーター
江戸東京野菜料理研究家・小金井市食育推進会議副会長
小金井市食育ホームページ編集委員

●食育、江戸東京野菜、地場野菜の普及活動を10年以上続けている。「楽しく美味しく面白い食育」を提唱。
菜作りの経験もあり、野菜を丸ごと食べる料理教室なども行っている。

2月のエコクラフト

投稿者:小金井市環境楽習館

リサイクルや伝統文化をテーマにしたクラフトを毎週水曜日にお楽しみいただけます。

2月の水曜クラフトコーナーは稲ワラで作る「流し雛」です。

◇時間:毎週水曜日 午前10時〜午後2時(12時〜1時は除く) ※注意:荒天時は中止する場合があります。
◇内容
稲ワラで作る「流し雛」
◇参加費:500円   (材料費等)
◇持ち物:なし

◇その他:時間内にお越しください。4名以上のグループは事前にお申し込みください。
◇問合せ:小金井市環境楽習館(☎042-381-5006)

1月のエコクラフト

投稿者:小金井市環境楽習館

リサイクルや伝統文化をテーマにしたクラフトを毎週水曜日にお楽しみいただけます。

1月の水曜クラフトコーナーは北欧の麦わらクラフト「ヒンメリ」です。

◇時間:毎週水曜日 午前10時〜午後2時(12時〜1時は除く) ※注意:荒天時は中止する場合があります。
◇内容
麦わらで作る「ヒンメリ」
◇参加費:500円   (材料費等)
◇持ち物:なし

◇その他:時間内にお越しください。4名以上のグループは事前にお申し込みください。
◇問合せ:小金井市環境楽習館(☎042-381-5006)

12月のエコクラフト

投稿者:小金井市環境楽習館

リサイクルや伝統文化をテーマにしたクラフトを毎週水曜日にお楽しみいただけます。

12月の水曜クラフトコーナーは稲ワラで作るしめ縄飾りです。

◇時間:毎週水曜日(27日はお休み) 午前10時〜午後2時(12時〜1時は除く) ※注意:荒天時は中止する場合があります。
◇内容
稲ワラで作るしめ縄飾り
◇参加費:700円   (材料費等)
◇持ち物:なし

◇その他:時間内にお越しください。4名以上のグループは事前にお申し込みください。
◇問合せ:小金井市環境楽習館(☎042-381-5006)

11/25,11/26 こがねい環境フォーラム2017『木のめぐみ 森だくさん』を 開催しました。

投稿者:小金井市環境楽習館

11/25(土)11/26(日)に、こがねい環境フォーラム2017@環境楽習館『木のめぐみ 森だくさん』が開催されました。

2日間にわたり、下記のプログラムが行われました。

○講座『森や木が育む食卓』
講師:西村和代さん(京都・おばんざい食堂「ひとつのおさら」経営)

毎日の食卓に取り入れられる知恵や子育てなど、ご経験を通したたくさんのお話に加え「森のうなぎ」についてのお話も伺えました。

参加者のみなさんと西村さんとで囲む『黄金井ランチ』の食卓でも、話題はまだまだひろがっていました。 

○黄金井ランチ
創作そば:スナフキッチン
キッチンでは小金井の湧き水を使った打ち立ての蕎麦が茹で上がり、お出汁の良い香りがひろがります。
 


一方、どんぐりトトロづくりのコーナーでは、大人も子どもも夢中になって創作中。
森のめぐみを利用して、みなさんそれぞれのかわいらしいトトロの森を表現されていました。
○どんぐりトトロづくり
協力:公益財団法人トトロのふるさと基金

○リレートーク『森だくさん』
講師である池竹則夫さん(葛原里山暮らし研究所)、宮村連理さん(学芸大附属中教員)、横山伸夫さん(トトロのふるさと基金)のほか、造園業に携わる井上さんからもお話を伺った後は、

講師の池竹さんが焼いてくださったどんぐりパンや、秩父の山々が育んだ『秩父カエデ糖』を使ったお菓子をいただきました。(イベント中のすべての割箸には、国産間伐材を使用した『樹恩割箸』を採用しました。)


○環境パフォーマンス
パフォーマー:腹話術師いずみさん

2日目にはパフォーマーのいずみさんが登場。

歌の上手なケンちゃん、ギタリストさんとともに、小金井の自然の魅力を伝えてくださいました。

○環境賞授与式
今年度の表彰者 山田啓一さん(法政大学教授)は、

小金井市の井戸及び地下水に関しての長年にわたる調査と啓蒙活動を継続され、また、市の地下水保全会議委員として市政に貢献されました。

西岡真一郎小金井市長から表彰状が授与されました。


○講座『我が家で森を育むには―組手什づかい』
森を守る活動と組手什(くでじゅう)について学び、実際に組手什の棚をみなさんと作成しました。


○木の食器づくり
講師:黛友梨さん(東京学芸大学大学院)

講師の指導の下、工具の扱いを学び、思い思いの豆皿とカトラリー作りに取り掛かります。

根気のいる彫りや やすりがけも、作品に向き合っていたらあっという間に感じたと参加者の方が話されていました。

こんなにすてきな自作の食器でいただくお菓子はきっと格別でしょう。

気持ちの良い秋の晴天の中、たくさんの方にお越しいただきました。

イベントでの発見や出会いがきっかけになって、環境について考える輪がひろがっていきますように。

1 2 3 4 7