小金井市環境楽習館

東京都小金井市にある環境配慮住宅型研修施設「小金井市環境楽習館」です。

2/22(月)・23(火㊗️)環境講座「四季のくらしを彩る 水引あそび」を開催しました

投稿者:小金井市環境楽習館

環境楽習館では、毎年12月にしめ飾り作りを行っています。その際に、使用済のご祝儀袋を集めておいて、和紙や水引をしめ飾りの飾りとして再利用しています。

きっとご家庭にも眠っているご祝儀袋や水引があるのでは?と思い、再利用のきっかけになればと今回の講座を企画しました。
また、お家や室内で過ごす時間が増えた今、季節を感じ、少しでも明るい気持ちで過ごせたらという願いも込めました。

まずは、水引の歴史と特徴について学び、次に水引作家の掬花(きくか)さんに、基本の結びである「梅結び」をご指導いただきました。

水引の歴史は遣隋使の飛鳥時代にまで遡ります。贈答品に紅白の麻紐が結ばれていたのが起源とされています。未開封であることを示す封印、魔除け、人と人を結ぶといった意味が込められ、色や結び方を変えることで慶事にも弔事にも使うことができます。
水引で作った「梅結び」を、アクセサリーにアレンジ。どれもかわいいので迷います。
色とりどりの水引。迷いに迷ってみなさん色を選びました。
色の並びを変えるだけで印象がガラリと変わるので組み合わせは無限です。
まずは、あわじ結びに到達するまでがちょっと難しい。
色の並びがずれたり重なった場合は、丁寧に戻します。
ひとつ、ふたつと完成するうちに次第にコツがわかってきました。
小学生のマスターの速さにびっくり!
和紙や折り紙でぽち袋も作りました。
余った包装紙などで袋を作って、ちょっと水引をあしらえば立派なぽち袋に変身です。

最初は難しくて何度も結び直したり諦めそうになっていた参加者の方も、すぐに夢中になり、黙々と没頭して作り続けていました。小さいお子様連れのお母様も、男性の方も、集中して作業し、精度を求めて手直しをして完成させていく水引細工に「はまりそう!」とおっしゃっていました。私たちスタッフも、事前に練習がてら梅結びを作ってみましたが、全員が夢中になってたくさんの梅結びができあがりました。それらをオブジェにしたり、マグネットにしたりと楽しんでいます。

伝統工芸に触れ、リメイクも楽しみ、大人も子どもも一緒に楽しめる講座となりました。掬花さん、ありがとうございました。
今回の講座も新型コロナウイルス感染拡大防止のため、人数をしぼって二日間の開催とさせていただきました。多くの方にお申し込みいただきありがとうございました。

2/22(月)・23(火㊗️)環境講座「四季のくらしを彩る 水引あそび」

投稿者:小金井市環境楽習館

この講座では、水引細工の基本「梅結び」を学んでアクサセリーを作ります。
また、お手元に眠っている水引のリメイクも楽しみます。

日 時●令和3年2月22日(月)・23日(火㊗️)
    ❇︎いずれも午前10:00〜12:00
    ❇︎両日とも同じ内容です。どちらかにお申込みください。
場 所●環境楽習館(貫井南町3丁目2-16)
定 員●各日5組
    ❇︎小学3年生以下は保護者同伴
参加費●500円(材料代)
講 師●掬花さん(水引作家)

お申込みは2月9日(火)からお電話で・・・環境政策課環境係☎︎042-387-9817
  ※申込み受付期間 2月9日(火)〜17日(水)
❇︎応募者多数の場合は抽選のうえ当選者のみ2月19日(金)までにお電話でご連絡いたします。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、受付の際は名前・連絡先を記録します。入館時は検温し、受講時は手洗い・消毒を徹底していただき、席は間隔を空けて行ないます。

企画●NPOこがねい環境ネットワーク  主催●小金井市